抜け毛を予防しながら髪のボリュームアップ|ツルツルヘアの対策方法

薄毛治療の歴史

薄毛治療の歴史について

薄毛の歴史は意外と古く、古代エジプトでは、 すで薄毛治療が行われていたそうです。 日本でも、江戸時代にはすでに、抜け毛の予防や治療に、 ミカンやゆずなどの柑橘でつくった育毛剤(毛生え薬)が使われていました。 当時の髪型は、髪を結うことが大前提でしたので、 抜け毛は死活問題だったとそうです。 その後、抜け毛についての研究は進んでいきましたが、 1960年頃までは、抜け毛の原因が、 頭皮のつっぱりにあると考えられており、手術も行われていました。 しかし、1960年後半からは、人工的な毛の開発と生産が進み、 薄毛は、カツラで隠すようになっていきます。 その後、人工毛による植毛が開発され、注目を集めるようになります。 現在では、医学的観点から開発された育毛剤により、 薄毛の予防や治療が可能となりました。 また、人工ではなく、自毛による植毛治療が主となってきています。

抜け毛の予防について

薄毛は、遺伝や男性ホルモン、生活習慣やストレスなどに 影響を受けると言われています。 薄毛を予防するために、毎日の食生活に気をつけるようにしましょう。 タンパク質やビタミン、ミネラル、亜鉛など、 髪の毛を作ると言われている栄養素を取ることが、抜け毛の予防につながります。 また、頭皮と髪を清潔に保つために、毎日シャンプーしましょう。 もちろん育毛シャンプーを使うのも良いですが、 低刺激のシャンプーも良いと言われています。 頭皮マッサージも頭皮の血行がよくなるので、効果的です。 今後は、より効果のある育毛剤の開発が、どんどん進んでいくでしょう。 抜け毛が気になるようであれば、 自宅でできる抜け毛予防を毎日行うことが大切です。